自然免疫力アップに『ブロリコ』

『ブロリコ』は、東京大学と5年間にわたる共同研究によってブロッコリーから世界で初めて発見された成分です。
臨床試験により、『自然免疫力』を高めることが証明されています
(学術論文「薬理と治療」より)



人の免疫機構には、

1.先天的に備わっている自然免疫
  (マクロファージ、NK細胞、好中球など)

2.一度体に侵入した細菌・ウイルスなどを覚えていて働く獲得免疫
  (キラーT細胞など)

の二つのタイプの免疫システムが備わっています。

そして、この体にとってとても重要な自然免疫力は15歳頃をピークに年齢とともに低下してくると言われています。

歳をとるごとに癌をはじめ感染症などにかかりやすくなるのです。


人の体のなかでは1日に数百から数千のがん細胞ができているといわれています。

それでもがんが発生しないのは自然免疫ががん細胞をやっつけているからなのです。

埼玉県立がんセンターの研究によると、自然免疫(NK細胞)の活性が高い人ほどがんになりにくいことが明らかになっています。

また、がんを患った場合のがん細胞の増殖、転移、抵抗力の低下にも自然免疫が大きな役割を果たしているのです。


この、年齢と共に低下する自然免疫の活性を高めてくれるのが東京大学との共同研究により世界で初めて発見された成分

『ブロリコ』です。

このブロリコは、自然免疫の中でも特にNK細胞と好中球を活性化させることが実験により明らかとなっています。

その活性を高める力は…

アガリスク・ハナビラタケ(有効成分はβグルカン)の55倍!
アマゾンのスーパーフルーツアサイ―の240倍!
プロポリスの1000倍以上!

という他を圧倒する力を秘めているのです。

ただし、まだ発見されたばかりの物質で名が知れていないのが玉にキズなのです。

ということで、ブロリコ研究所ではこのブロリコを飲んでいただいた方100名の実際に摂取してみて自分の身に起こったこんなことやあんなことを書き綴った冊子を無料でお送りいたしております。

がんにかからないように、がんが再発しないように免疫力アップをお考えの方は無料なのでぜひ資料請求してみることをおすすめいたします。

こちらからどうぞ↓↓↓↓↓